クレヨンアイシャドウの基本的な使い方

クレヨンアイシャドウを使うときには、化粧下地などのベースメイクを完成させておきます。
ベースメイクをしておくと紫外線対策やアイカラーの色素沈着の予防をすることができます。
クレヨンアイシャドウの基本的な使い方は1本でグラデーションを作る方法です。
クレヨンアイシャドウを繰り出してアイラインを引くように3ミリ~5ミリほどの幅、二重の場合には二重の幅に合わせるように色をのせていきます。
色をのせたら、時間を開けずに指でアイホールに向かってぼかしていけば完成です。
さらに華やかさや立体感をプラスしたい場合には、ベージュやホワイトのラメが入ったアイシャドウをポンポンとおくように色をのせていきます。
目元の印象がアップします。
ペンシルタイプのクレヨンアイシャドウはぼかさずに利用する場合にはアイライナーとして利用することができます。
使い方はアイライナーを引くように、目頭から目尻にかけてまつ毛のきわにラインを引けば完成です。
ペンシルタイプのクレヨンアシヤドウは通常のアイライナーよりも太いラインになっても不自然にならないため、アイライナーが苦手な場合でもおすすめです。
目元をインパクトを強めたいときにはリキッドライナーを使ってから目尻にラインをプラスすることがおすすめです。

しゃくれの整形に特化したクリニック

受け口 手術
コンプレックスを改善して美しい口元に

サージェリーファーストで口元のコンプレックスを改善

出っ歯の手術なら名医がいるこちらのクリニックへ

頬骨のコンプレックスを手術で改善

最新記事